SIETAR Japan(異文化コミュニケーション学会)とは

  • 私たちの会の目的は、国際間および異文化間における円滑なコミュニケーションと協力関係をはぐくむために、日本における異文化の教育、訓練、研究を促進することです。
  • この目的を達成するために、例会、年  次大会、会報の発行、紀要の発行、その他の諸活動を行っています。
  • 異文化コミュニケーション学会(SIETAR JAPAN)は、シーター・グローバルネットワークの中の一つのグループです。

IMG_5078as  OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_0097


NEW!

異文化コミュニケーション学会は2018年異文化コミュニケーション学会国際大会を2018年8月8日(水)〜11日(土)に、東京にて開催いたします。
◆テーマ: 『異文化共存に向けて:不確実な未来に共に向きあう』
日時:2018年8月8日(水) 〜 8月11日(土)
場所:中央大学多摩キャンパス

2018年異文化コミュニケーション学会国際大会の発表応募受付期間延長のお知らせ(新たな締切:2月28日(水)

2018年異文化コミュニケーション学会国際大会の発表応募受付を開始いたしました。

WELCOME TO SIETAR JAPAN’S 2018 WORLD CONGRESS

異文化コミュニケーション学会2018年国際大会へようこそ
テーマ:『異文化共存に向けて:不確実な未来に共に向きあう』

異文化コミュニケーション学会は、2018年8月8日(水)~8月11日(土)に20年ぶりの国際大会を東京で開催いたします。不透明な時代を迎えている中、私たちは国を超えた連携の必要性がますます高まっていると感じ、異文化間の連帯をより強化し、現実のものとするために有効な大会になるよう会員一同と共に企画を進めてまいりました。
本大会では、コンフリクト・リゾルーション(対立解決)の第一人者であるビーター・コールマン先生、異文化コミュニケーションの学問領域を開拓された先駆者であるクリフォード・クラーク先生を基調講演者として招聘します。8月8日(水)のマスター・ワークショップは、多くの専門家から直接ワークショップ形式で学ぶ機会です。コールマン先生は対立解決のワークショップを二つ提供してくださる予定です。
他のプログラムでは、武道家である野本政晴先生が日本の古武道を通して異文化コミュニケーションを理解する、ユニークで実践的なワークショップを提供してくださいます。写真家であるミヤザキ・テツロー氏は、ミックスの子どもたちのアイデンティティへの理解を深めるワークショップを行います。学会の研究分科会コークリエイティブ・ダイアログ(CCD)のアクト&ラーン(Act and Learn)メンバーは、異文化理解のための最新のシミュレーションゲームを紹介し、参加者に体験していただきます。年次大会では研究・実践発表、異文化ワークショップ、ポスターセッション、映画上映、フィールドトリップ、文化体験など多岐にわたるセッションをご用意し、参加者がフルに意見交換、ネットワーキングができるよう様々な工夫を凝らしています。
異文化コミュニケーション学会初の世界大会が麗澤大学で開催されたのは、20年前の1998年でした。海外からの参加者が日本の社会・文化・歴史的文脈をより理解しやすいようにと、故川上ホリー先生は「カルチュラル・コンテキスティング(cultural contexting)」といったセッションを多数設けられ、大変好評でした。これに倣い本国際大会では8月7日のプレ・カンファレンスで、日本の先住民族アイヌの人々について学ぶフィールドトリップを企画し、また大会中も日本の文化に触れる機会を設けて、多くの方々に日本の多様な側面を理解・体験いただける機会をご用意しています。
会場となる中央大学多摩キャンパスは、都心から少し離れたところに位置し、新宿駅から電車で30分ほどかかります。高尾山や奥多摩へも30分から1時間ほどと、自然豊かなエリアへのアクセスも抜群です。
海外からお越しで国内を観光されたい方は、大会前に観光をされることをお薦めいたします(お盆休暇が8月12日より始まるため、交通機関の混雑が予想されます)。それでは、今年の8月8日より中央大学多摩キャンパスでみなさまのご来場を楽しみにお待ちしております。

会長 出口真紀子
president

 

 

 

 

異文化コミュニケーション学会会員および国際大会参加者の皆様

今年度は、中央大学多摩キャンパスにおいて、2018異文化コミュニケーション学会会国際大会が開催されることになりました。この国際大会が皆様にとって、世界各地から参加される様々な方々との出会いやネットワークを広げる場となることを心から願っております。この国際大会の企画、準備、運営に関わった国際大会実行委員、SC運営委員、異文化コミュニケーション学会会員および海外からの参加者の皆様方にご支援いただいたことに感謝申し上げたいと存じます。

国際大会委員長 中迫俊逸
Congress_Chair

 

 

 

 


 

2017/11/20
12月例会(2017年12月2日開催 『ドキュメンタリー映画上映会「For The Bible Tells Me So」』​)を掲載いたしました。
2017/11/01
2018年異文化コミュニケーション学会国際大会の発表応募受付を開始いたしました。
2017/10/18
10月例会報告(2017年10月15日開催)
2017/10/11
おかげさまで第32回年次大会を無事に終えることができました。皆様のご協力に心より感謝いたします。
2017/09/27
9月例会報告(2017年9月22日開催)
2017/09/22
10月例会(2017年10月15日開催 『Hāfu2Hāfu ​(​プレゼンテーション&ワークショップ​​)​』)を掲載いたしました。
2017/09/08
9月例会(2017年9月22日開催 『武道から学ぶコミュニケーション術:体を通した自他への働きかけ』)を掲載いたしました。
2017/07/28
異文化コミュニケーション学会は、9月に開催される「ジェンダーとカルチャーを超えた創造的コミュニケーション」の大会(静岡)を後援します
2017/07/23
2018年号紀要『異文化コミュニケーション』第21号投稿論文募集情報を掲載いたしました。
2017/07/02
7月例会報告(2017年7月1日開催)
2017/06/07
5月例会報告(2017年5月20日開催)
2017/06/06
7月例会(2017年7月1日開催 『The challenges of global forced displacement – can the UN Refugee Agency cope?』)を掲載いたしました。
2017/06/06
2017年5月31日(水)を以って、2017年次大会発表の応募を締め切りました。ご応募頂き、誠にありがとうございました。
2017/04/30
第32回年次大会の発表応募受付を開始いたしました。
2017/04/28
第32回年次大会発表投稿要領を掲載いたしました。
2017/04/12
5月例会(2017年5月5–7日開催 Special SIETAR Golden Week ‘Contrast Culture Method’ workshop—May 5–7, 2017)を掲載いたしました。
2017/04/07
5月例会(2017年5月20日開催 『日本の看護師国家試験合格後のインドネシア人看護師の職場と家族の課題』)を掲載いたしました。
2017/03/20
異文化コミュニケーション学会は2018年国際年次大会を2018年8月8日(水)~11日(土)に開催いたします。 テーマ: 『異文化共存に向けて:不確実な未来に共に向きあう』
2017/03/07
異文化コミュニケーション学会は第32回年次大会を2017年10月7日(土)、8日(日)に開催いたします。 テーマ: 『公正な社会への変革をめざして:内なる多様性を再考する』
2016/11/26
12月例会(2016年12月3日開催「即興音楽を通した異文化実践力の探求」)を掲載いたしました。


SIETAR JAPAN 事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内

ご連絡はお問い合わせページよりお願いいたします。

旧ホームページはこちら

Share on LinkedIn
LINEで送る