年次大会

第39回(2024年)異文化コミュニケーション学会年次大会

場所: 同志社女子大学 京田辺キャンパス

テーマ:異文化と交差するアイデンティティ:変容する社会へのエンパワーメント

日程:12月7日(土)、8日(日)

会場:同志社女子大学京田辺キャンパス

発表募集開始:6月30日
締切:8月20日
結果通知:9月30日

発表抄録(アブストラクト)を書く言語に該当するGoogleフォームからお申込みください。
日本語 https://forms.gle/FacqMSCADUqGKmzs6
English https://forms.gle/g2NFUVXKNxCazqY77

*学部生の発表要綱は別途お知らせ致します。

Contact email: sietarjapanconference@gmail.com

We look forward to welcoming you to this year’s conference in Kyoto.
今年開催される京都の大会に、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

2024 Conference Co-Directors 2024年大会委員長
Lisa Rogers リサ ロジャーズ(同志社女子大学)
Michi Saki   﨑 ミチ(同志社女子大学)


◆過去の年次大会

2023年(テーマ『持続可能な多文化共生社会とは:格差のない社会への行動』)
2022年(テーマ『文化の狭間に生きる: 多文化的なアイデンティティと帰属意識の探求』)
2021年(テーマ『多文化状況におけるリーダーシップとコラボレーション』)
2020年(テーマ『困難な時代における異文化コミュニケーションのかたちを構想する』)
2019年(テーマ『ジェンダー平等を促進する教育、トレーニング、研究をめざして:男性性と特権を再考する』)

2018年(テーマ『異文化共存に向けて:不確実な未来に共に向きあう』)

2017年(テーマ『公正な社会への変革をめざして:内なる多様性を再考する』)
2016年(テーマ『多文化共生社会への構築に向けて:アクティブ・ラーニングと異文化コミュニケーション能力』)
2015年(テーマ『未来に向けてのダイアローグ~戦争と平和を考える~』)
2014年(テーマ 『ダイバーシティと社会的公正~より開かれた社会を目指して~』 )