今後の予定

2017

»10月例会
Program201710_image
題目:
Hāfu2Hāfu ​(​プレゼンテーション&ワークショップ​​)​
講師:テツロー・ミヤザキ(写真家)​
日時:2017年10月15日(日)15:00~17:00
場所:上智大学 2号館915教室
言語:英語(日本語通訳希望の方は申し込み順5人まで)
参加費:会員: 無料 非会員:2000円 学生:無料 大学院生:¥1000

*参加人数を把握するため、下記の内容を含むメールを、e-mail: programs@sietar-japan.org までご連絡ください。

1.ご氏名
2.電話番号
3.会員情報(​会員・学生会員・非会員)​​
4.Emailアドレス

プログラム概要:

Hāfu2Hāfu は世界中に住む192人の「ハーフ」(片親が日本人、もう片親が別国の ルーツを持つ人々)の二つの異なる文化間で育つという経験、彼らの帰属意識、自己アイデンティティといった重要な問いかけをシェアするユニークかつ持続中のプロジェクトである。

今回のプログラムでは、ベルギーと日本の「ハーフ」で、写真家のテツロー・ミヤザキによる上記のプロジェクトについてのプレゼンテーション及び、多文化ルーツを持つことについてのインターアクティブなワークショップを行う。

プレゼンテーション:
・「Hāfu2Hāfu 」プロジェクトの背景と意図
・初期の調査結果
・現在の調査
・今後の抱負

ワークショップ:
・インターアクティブなグループワーク
・ロールプレーとインタビュー
・日常生活におけるHāfu2Hāfu
・What is my question?

Website:www.hafu2hafu.org
ポートレートと質問(Portraits anquestions):hafu2hafu.org/portraits/

講師プロフィール:

テツロー・ミヤザキ Tetsuro Miyazaki​
オランダ在住の写真家。ベルギー人と日本人の親を持つ「ハーフ」。39歳。ミヤザキは自分の中の日本人「ハーフ」としてのアイデンティティを探求するために2016年にHāfu2Hāfuプロジェクトを始動。
20人のオランダ国籍「ハーフ」の写真を撮った後、2017年2月にロサンゼルスのハパジャパン・フェスティバルにてHāfu2Hāfuプロジェクトを発表。The Shinso Ito Center (USC) 及び the Isaac Albert Ailion Foundation (Leiden University) のサポートを得、Hafu2Hāfuプロジェクトの第2弾として、世界中の「ハーフ」を各国一人づつ撮影し、インタビューするというプロジェクトを開始。
​片親が​日本人で、もう一人の親が世界192か国いずれかの出身である、性別、年齢、出生地、育った国、社会・文化的バックグラウンドの
コンビネーション等が異なる「ハーフ」を捉えることがミヤザキの 目標であり、日本でも海外でもプロジェクトを進めている。
*ミヤザキはより多くの「ハーフ」の方々を​インタビューするために10月に来日します。来日中にこのプロジェクトに参加してくださる「ハーフ」の方々を募集しています。シーターのプログラムでは、すでにカバーした片親の国々も発表します。
「ハーフ」の方々のみならず、日本の多様性についてご興味のある方、10月のシータージャパンのワークショップにぜひご参加ください。

アクセス:
​上智大学 四ツ谷キャンパス 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線/四ッ谷駅 麹町口・赤坂口から徒歩5分


»9月例会

題目:「武道から学ぶコミュニケーション術:体を通した自他への働きかけ」
講師:野本政晴(剣住会 古武道・古武術研究会代表)
日時:2017年9月22日(金)18:00~20:00
場所:上智大学 2号館915教室
言語:日本語
参加費:会員: 無料 非会員:1000円(大学院生含) 学生:無料

*参加人数を把握するため、下記の内容を含むメールを、e-mail: programs@sietar-japan.org までご連絡ください。

1.ご氏名
2.電話番号
3.会員情報(​会員・学生会員・非会員)​​
4.Emailアドレス

プログラム概要:
身体を通した自らの他者に対する働きかけは、上手く表されているだろうか?
自分と物、自分と人との接触・働きかけを通じて自分や人と向き合います。

*それほど激しい運動は行いませんが、動きを阻害しない動きやすい服装でご参加下さい。(足はケガ防止の為、素足か靴下、足袋などが望ましい。)

講師プロフィール:
剣住会古武道・古武術研究会代表として、会員への稽古に加え、神奈川県の海老名古武術研究会、栃木県の宇都宮古武術研究会等の講習、大宮・川口・久留米のカルチャースクールで「古武道から学ぶ身体操作術」などのクラスを担当。他団体や他分野の講習及び個人指導、介護施設やボイストレーニング学校での講習等も行っている。 ​​
著名人の指導も行っている若手の精鋭武道家。

2003年より甲野善紀師の恵比寿稽古会など、定期的に講習に参加
2007年柔剣雷心会 永野勝師に師事
2009年同会の指導員を許され金町、大宮のカルチャースクールで指導を開始
2012年同会国分寺支部を設立し、支部長として活動
2013年独立。 剣住会代表として現在まで活動

*剣住会*
「柔術や剣術・居合・小太刀・杖等各種武器術や一般的な体の使い方を見直す体術、介護やスポーツに柔術や武器術を応用する稽古等を行っています。力づくでは無い体捌きや身のこなしを目指しています。」

アクセス:
​上智大学 四ツ谷キャンパス 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線/四ッ谷駅 麹町口・赤坂口から徒歩5分


»7月例会

題目:The challenges of global forced displacement – can the UN Refugee Agency cope?
講師:Dirk Hebecher, UNHCR representative in Japan
日時:2017年7月1日(土)午後3時~午後5時
場所:青山学院大学 11号館、4階、1140教室
言語:英語
参加費:会員: 無料 非会員:1000円(大学院生含) 学生:無料

参加人数を把握するため、ご氏名とお電話番号をお書きの上、e-mail: programs@sietar-japan.orgまでご連絡ください。

プログラム概要:
June 20th is World Refugee Day.
Imagine the desperation that forces men, women and families to leave behind everything they know and love, and risk their lives in flight into an unknown future.
Dirk Hebecker will give a brief introduction to the history and work UNHCR currently does globally in support of refugees and other people of concern. This will include what a refugee is and how a refugee is different from a migrant. He will touch upon the (popular and common media) myths about refugees, challenges of xenophobia and rejection of refugees and migrants by the wealthy global North and West as well as the hurdles to refugees’ integration and well-being.
Finally, he will talk about the situation of refugees and asylum-seekers in Japan, the distinct challenges Japan is facing in this area, how UNHCR is trying to help improve both domestic asylum policy and practice as well as the challenges refugees and asylum-seekers face in Japan.

講師:
Dirk Hebecker is the 12th Representative of UNHCR in Japan, arriving in May 2016. He joined UNHCR in 1993 as Associate Repatriation Officer in Hanoi, Vietnam, after working for the Ministry of Foreign Affairs in his native Germany and the German Embassy in Hanoi.
Since joining UNHCR, he has worked in humanitarian affairs in Georgia, Myanmar, Sri Lanka and Bangladesh, as well as UNHCR Headquarters in Geneva. He was also seconded to the Office of the High Commissioner for Human Rights (0HCHR) in the Russian Federation. Prior to his assignment in Japan, he was Representative of UNHCR in Korea.
Hebecker majored in international relations and South East Asia studies and is fluent in English, French, Russian and Vietnamese.

UNHCR, the UN Refugee Agency, was established on December 14, 1950 by the United Nations General Assembly. UNHCR safeguards the rights and well-being of refugees and stateless people. In more than six decades, the agency has helped tens of millions of people restart their lives. UNHCR is on the front lines of the world’s major humanitarian crises, including Syria, Iraq, Central African Republic, Afghanistan, South Sudan, the Democratic Republic of the Congo, and countless other emergencies.
Visit www.unhcr.org/ – Follow Twitter @Refugees@Refugeesmedia and www.facebook.com/UNHCR/

アクセス:
青山学院大学  〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
JR山手線、JR埼京線、東急線、京王井の頭線、東京メトロ副都心線 他「渋谷駅」より徒歩10分
東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)「表参道駅」より徒歩5分


»第32回年次大会(2017)

◆テーマ: 『公正な社会への変革をめざして:内なる多様性を再考する』
日時:2017年10月7日(土) & 10月8日(日)
場所:上智大学四谷キャンパス


 

Share on LinkedIn
LINEで送る